タグ:旅 ( 4 ) タグの人気記事

■ 欧州アート便り 2009年秋(その1) Copenhagen

9月下旬日本を出発、ベネチアビエンナーレなど欧州のアートシーンを見る旅にでかけました。旅先で随時更新していく予定ですが、昼間動き回っているので、更新が滞りがちになってしまうことをお断りしておきます。

まずコペンハーゲンに2泊して、ルイジアナ現代美術館の塩田千春さんの作品や、コペンハーゲン付近の素敵な建築物を見てきました。

▼ルイジアナ現代美術館の入口の建物の屋根の上に、今回の展覧会のタイトルの"THE WORLD IS YOURS"という文字が光っていました。
d0119300_1612226.jpg

▼塩田千春作品は、今回は、黒こげになった自動車を黒い毛糸で覆った作品になっていました。ベッド、椅子、ピアノなどを黒い毛糸で包み込む作品に続く新作です。
d0119300_16123684.jpg

▼塩田さんの話によると、本当は、車を燃やして黒こげにしたかったそうですが、館内の展示のため、においなどの問題でそれができず、今回は黒くペイントした車になったそうです。
d0119300_16125615.jpg

その他、コペンハーゲン周辺の斬新な建築物のいくつかを紹介します。私は、これらの建築物が機内誌などに載っているのを見て、訪れてみたいと思い出かけてきました。
▼コペンハーゲン郊外のシャルロッテンルンドにあるオードロップゴー美術館。見た目クジラの横顔のように見えます。
d0119300_1613145.jpg

▼Edvard Munch展をしていました。私の全然知らないMunchの作品がたくさん展示されていました。この美術館に行くまで、近くの駅から45分歩きました。別の駅からバスの便があることが帰りにわかりました。でも、街を歩くことでその街を肌で感じることができます。
d0119300_16133699.jpg

▼コペンハーゲンの港近くに最近完成したデンマークロイヤルシアター、プレーハウス。上部の窓のないところに惹かれました。不思議な建物です。
d0119300_16135660.jpg

▼今度行ったときは、中に入って観劇をしてみたいと思いました。
d0119300_16141830.jpg

▼港の対岸に、新オペラハウスができています。これもすばらしいです。劇場とオペラハウスが対岸にあるというのも、素敵な都市計画です。二つの建物は、観光船で結ばれています。
d0119300_16143637.jpg

▼そのほか、ルイジアナ現代美術館近くのクランペンボーというところを散策しました。アルネ・ヤコブセンの設計した建築物やビーチ施設を見るためです。これは、海岸にあるサウナ施設です。砂浜にはビーチバレーのコートなどがありました。
d0119300_16145788.jpg

▼ビーチにあるサウナから、ガウンをまとった男女が出てきて、裸で海で泳ぐところに遭遇し、びっくりしました。サウナで体を温めて、冷たい海で体を冷やす健康法なのですね。監視塔は、ヤコブセンのデザインのようです。
d0119300_161518100.jpg

photo by Akio Arakawa 2009

=data=
*ルイジアナ現代美術館
http://www.louisiana.dk/dk
*オードロップゴー美術館
http://www.ordrupgaard.dk/topics/frontpage.aspx
[PR]
by artlover3 | 2009-10-13 16:45 | 現代アート

■ 倉敷散策 "Walking in Kurashiki (Okayama prefecture)"

太田三郎さんの展覧会が倉敷の大原美術館と大原家旧別邸の有隣荘で行われたので行ってきました。

展覧会を見たあと、倉敷の町を散策しました。町のあちこちにレトロな風物を見ることができました。倉敷の町は店じまいが早いのですが、ジャズをライブで聞ける店に出合って、夜遅くまで楽しむことができました。
d0119300_22182373.jpg
↑ ライトアップされた大原美術館。
d0119300_22184134.jpg
↑ 太田三郎展のポスター。
d0119300_22185567.jpg
↑ 太田三郎展のために特別公開された大原家旧別邸の有隣荘。
d0119300_22191060.jpg
↑ 有隣荘の表札は「太田」になっていました。
d0119300_2219275.jpg
↑ 石橋の欄干の模様。
d0119300_22194015.jpg
↑ 蔵の外壁はなまこ壁です。
d0119300_22195526.jpg
↑ アイビーで覆われたホテルの外壁。屋根も白黒のコントラストです。
d0119300_2220937.jpg
↑ モミジの種子。
d0119300_22202465.jpg
↑ レトロな門灯。
d0119300_22203832.jpg
↑ 料理屋さんのマークデザインが素敵です。
d0119300_22205350.jpg
↑ ジャズのライブが毎夜聞ける「AVENUE」(月曜定休)。
d0119300_2221884.jpg
↑ 世界のうまいものを取りそろえているおいしいものブティック「平翠軒」(月曜定休)。

=data=
*太田三郎 展 "Saburo Ota Exhibition"
大原美術館 2008/03/25--05/11 (Ohara Museum of Art)
有隣荘(大原家旧別邸)2008/04/25--05/11

photo by Akio Arakawa 2008

- - - - - - - - - -
[PR]
by artlover3 | 2008-05-19 23:08 |

■フランクフルト・モダン・アート美術館(Museum fur Moderne Kunst, Frankfult am Main)

2007/06/19 (快晴)
今日は、フランクフルト市内の現代アートが見られる美術館を中心に見て歩きました。
フランクフルト中央駅構内にある観光案内所で「フランクフルトカード」を買うと、市内の交通機関が乗り放題なのと、おもな美術館・博物館などが50%offになるのでお得です。

なお、ドイツ語表記は使えない文字があるので、一部正しくありません。また、美術館などのURLなどを調べる時間がなかったので、リンクをはってありませんが、これは後日更新したいと思います。

フランクフルトで一番のおすすめは、モダン・アート美術館(Museum fur Moderne Kunst, Frankfult am Main)です。私はここで数時間過ごしました。

ウイーンの建築家ハンス・ホラインの設計によるこの美術館は、外観が三角形をしているので、"ショートケーキ"というニックネームがつけられているそうです。授業の一環で使われているのか、学生さんたちがたくさん見に来ていました。

現代アートのコレクションが次から次へと見られます。ボイスから始まり、私の知らない素敵な作家の作品が、複雑な作りの展示室にたくさん詰まっていました。その一部を紹介します。

欧米の美術館では、常設の作品は、ストロボを使用しなければ、たいてい撮影が許されています。規則にしばられた日本の美術館と大違いです。日本の美術館も見習ってほしいと思います。

d0119300_128065.jpg

↑ フランクフルト・モダン・アート美術館のショートケーキのような外観。
d0119300_1281918.jpg

↑ Maurizio Cattelan : Ohne Titel/Untitled, 2007(右の馬の作品) 
 Jessica Diamond : Germany is Connecticut, 1989(左の文字の作品) 
入館すると、3階まで吹き抜けの広い部屋にあるこの2つの作品にまず出会います。これを見ただけで、これから何が見られるのか、わくわくしました。
d0119300_1283756.jpg

↑ Bill Bollinger : Red Hook, 1970 
油のわいた液体が入った4つのドラム缶がホースでつながれている作品です。
d0119300_1285213.jpg

↑ Joseph Beuys : Blitzschlag mit Lichtschein auf Hirsch, 1958-1985 
3階に届く巨大なボイスの作品。この作品に合わせて展示室が設計されているようです。
d0119300_129921.jpg

↑ Robert Watts : Chair, 1962 
階段の踊り場に置かれた赤く光るイス、とてもおしゃれです。
d0119300_1292524.jpg

↑ Maurizio Cattelan : Ave Maria, 2007 
広い壁を使って、3本の手が何かを指差している作品。何を感じるかは、鑑賞者の心次第でしょうか。

↓ Rosemarie Trockel : Ohne Tilel (Frau ohne Unterleib), 1988 
台に置かれたワックスでできた人体と、人物を撮ったフィルム。取り合わせがおもしろい作品です。壁に展示されているのも同じ作家の作品で、毛糸で編んであります。
d0119300_1294061.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-06-20 12:38 | 現代アート

■ドイツ各地とベネチアのアートシーン鑑賞の旅に出かけます

今、フランクフルトのホテルにいます。現地時間の6/19午前8時を過ぎたところです。

6/18から約1か月間、ドイツ各地とベネチアのアートシーン鑑賞の旅に出かけることにしました。おもなアートシーンは、ミュンスター彫刻プロジェクト、ドクメンタ、ヴェネチア・ビエンナーレですが、このほかにもドイツ各地で行われているいろいろな展覧会を見て回る予定です。

何しろミュンスター彫刻プロジェクトは10年に一度、ドクメンタは5年に一度、ヴェネチア・ビエンナーレは2年に一度しか開かれない国際アート展です。今年は、この3つの国際アート展が重なるので、今年を逃すと一生見られないかもしれないという強迫観念もあり、出かけることにしたのです。

現地から、このブログでそれぞれの展覧会の模様を紹介しようと思いますので、お気に入りに入れてときどきのぞいてみてください。ただ、インターネット事情によっては、現地から思うように更新できないかもしれません。そのときは帰国してからまとめて紹介したいと思います。

=data=
*ミュンスター彫刻プロジェクト(Skulptur Projekte Munster 07)
2007/06/17〜09/30
http://www.skulptur-projekte.de/aktuell/

*ドクメンタ(Documenta 12)
2007/06/16〜09/23)
http://www.documenta12.de/

*第52回ヴェネチア・ビエンナーレ美術展(The Venice Biennale in 2007)
2007/06/10〜11/21
http://www.labiennale.org/

d0119300_1437697.jpg

↑フランクフルトへ向かう機内から外を見ると、虹がかかっているのに気づきました。旅のスタートにふさわしい現象に、しばし見とれていました。
d0119300_14372364.jpg

↑さらに外を見続けていると、今度は自分の乗った飛行機の機影が雲に写っているのを発見しました。ブロッケン現象のようでした。
d0119300_14364575.jpg

↑飛行機に乗るとき、できれば窓側の席を取ります。地上の様子を眺めることができるからです。これは、フランクフルト近くの畑にたくさんの風力発電機が林立しているところです。

↓フランクフルト郊外の建物を見たところです。土地が広いので、自由に建物を設計しているのがわかります。
d0119300_14555827.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-06-19 15:06 |