タグ:想い ( 3 ) タグの人気記事

■ KAOLY個展 ─光の谷の風景─

千葉県の印旛沼湖畔にある"Metal Art Museum Hikarinotani"で、今、もの静かな個展が開催されています。使い込んだ家具に植物を植え込み、新しいいのちが生まれてくることを予感させるような作品が見られます。

少し不便な場所にある美術館ですが、きっと元気がもらえる展覧会です。ぜひお出かけください。

▼「机上の草論 2009」 使い古した机に野草や芝が植え込まれています。
d0119300_22344481.jpg

▼「土の響 空の音 2009」 音の出ないオルガンも作品化されています。
d0119300_2235078.jpg

▼「こころの秒針 2009」 古時計もこのとおり。
d0119300_22352090.jpg

▼「海/花 2009」 中心部に草が植えられています。
d0119300_22354979.jpg

▼「白い菊と呼吸 2002」 素材は鉄です。
d0119300_223638.jpg

▼「木葬 2009」 けやきの大木を使って人体を彫刻し、そこに植物を植え込んでいます。
d0119300_22361867.jpg

▼「木葬 2009」(部分)大木を棺に見立て、その木から静かに眠る女性を刻んでいます。
d0119300_22363125.jpg

photo by Akio Arakawa 2009

=data=
*KAOLY個展 ─光の谷の風景─
KAOLY(今村香織/いまむら かおり/Kaori Imamura)
2009/08/08--09/06
Metal Art Museum Hikarinotani
http://www.jade.dti.ne.jp/~mam/
千葉県印旛郡印旛村吉高2465
Tel:0476-98-3151
[PR]
by artlover3 | 2009-08-20 23:28 | 現代アート

■國安孝昌展「遠い予感」

藤沢市湘南台にあるギャラリー ヒラワタ で、國安孝昌さんの大規模なインスタレーションの作品が見られます。この展覧会も今週で終了してしまうので、ぜひご覧ください。

室内と屋外の庭を貫いて、巨大な龍が立ち上っているように見えました。大量の丸太とレンガが使われ、ギャラリー空間を覆いつくしてしまっています。

私は、この作品を制作しているところを見せていただきましたが、國安さんが一人でこつこつこの大きな作品を仕上げている情熱に圧倒されました。

=data=
*國安孝昌展「遠い予感」 Takamasa Kuniyasu Exhibition
2007/03/31-->04/29
ギャラリー ヒラワタ (Gallery Hirawata)
http://www.g-hirawata.com/
d0119300_13423846.jpg
d0119300_13425278.jpg
d0119300_1343737.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-04-23 13:48 | 現代アート

■塩田千春展「トラウマ/日常」

何年も前から見続けている塩田千春さんの展覧会が東京のケンジタキギャラリーで開かれています。今週で終わってしまうので、ぜひご覧ください。

今回の展覧会は、鉄のフレームの中に衣服や靴を閉じこめ、黒い糸で覆いつくしてしまう立体作品と、インスタレーションのモチーフとなっている十数点のドローイングからなりたっています。どの作品を見ても、その作品の背後にあるものを想像させるものをもっています。

塩田さんは現在ベルリン在住ですが、今年から来年にかけて日本での展覧会がいろいろと入っています。その予定も=data=に入れておきますので、チェックしてください。

=data=
*塩田千春展「トラウマ/日常」 Chiharu Shiota "Trauma/Alltag"
2007/03/15-->04/28
ケンジタキギャラリー/東京 (Kenji Taki Gallery/Tokyo)
http://www2.odn.ne.jp/kenjitaki/
塩田千春ホームページ
http://www.hotcola.com/chiharu/
d0119300_13113340.jpg
d0119300_1312116.jpg
d0119300_13121622.jpg

*塩田千春さんの2007年の展覧会
・3/10-->5/27「リアルのためのフィクション」グループ展/東京国立近代美術館
・4/22-->6/24「身体」グループ展/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県)
・10/19-->11/17「沈黙から」個展/神奈川県民ホールギャラリー(横浜)
・2008年には、大阪の国立国際美術館で個展が予定されています。そこで発表されるインスタレーションのために、履き古した靴を集めているそうです。詳しくは、国立国際美術館のホームページをご覧ください。
[PR]
by artlover3 | 2007-04-23 13:14 | 現代アート