タグ:ペインティング ( 4 ) タグの人気記事

■ 川辺 美咲 展 "voyage : Misaki Kawabe Exhibition"

ニューヨークで制作活動している川辺美咲さんの個展が、東京銀座のギャラリーでありました。川辺さんは以前ニューヨークのギャラリーで偶然出会った作家で、年老いた女性をスタンピングという技法で描いています。

筆の代わりに瓶のキャップや、各種の容器に墨をつけて、スタンプして顔の線を形作っていくのです。川辺さんは年老いた女性たちをヴィーナスと呼び、尊敬の眼差しでスケッチしています。

ニューヨークに住んでいる彫刻家のルイーズ・ブルジョワ(1911年生まれ)が開くサロンに出かけ、彼女の顔をスケッチする了解をとりつけ、作品化した経歴をもっています。
d0119300_22422778.jpg
↑ 画廊 巷房(こうぼう)のガラス戸を開けると、川辺さんの絵の世界が広がっていました。
d0119300_21454939.jpg
↑ 川辺さんはこれらの作品を通して、年老いた人々に魅了される感覚を共感してもらえることを願っています。
d0119300_22433539.jpg
↑ 生き生きとした女性の表情が描かれています。
d0119300_21491478.jpg
↑ 年老いた人々のほかに、幼い子どもたちも描かれていました。
d0119300_21493396.jpg
↑ 上の左の作品のディテール。スタンピングされているのが、わかります。

=data=
*川辺 美咲 展 "voyage : Misaki Kawabe Exhibition"
2008/06/02--06/07
http://www.misakikawabe.com/
巷房 Gallery Kobo
http://www.spinn-aker.co.jp/kobo/k-guide.htm

photo by Akio Arakawa 2008

- - - - - - - - - -
[PR]
by artlover3 | 2008-06-12 22:57 | 現代アート

■Veronika Dobers Exhibition (ヴェロニカ・ドバース展)

名古屋にある L Gallery, F-1で始まったドイツの作家ヴェロニカ・ドバースさんの個展に行ってきました。

ヴェロニカさんは、2003年私がドイツのブレーメンに行った際、知り合った作家です。現在ご主人の仕事の関係で大阪に在住していて、今回名古屋で個展を開くとの案内を受け、オープニングにかけつけ、旧交を温めました。

彼女の作品はガラス絵の手法で、シンプルな人間や自然をモチーフにした世界を描いたものが多く、とても素敵な展覧会でした。

Veronika Dobers (ヴェロニカ・ドバース) さんのホームページに、いろいろな作品が紹介されています。
http://www.dobers-art.de/
ミュンヘン空港の待合室など、パブリックの空間にもVeronikaさんの作品は採用されています。

L Gallery, F-1というギャラリーは、アート作家でもある小島久弥さんがやっているギャラリーで、とても機能的でさわやかな感じのギャラリーです。これからも名古屋に行ったきは、立ち寄ってみようと思います。

=data=
*Veronika Dobers Exhibition (ヴェロニカ・ドバース展)
2007/05/19-->06/03
L Gallery, F-1
名古屋市名東区本郷1-43 The Apartment LiF F-1
TEL:052-774-5599
時間:13:00〜20:00
作家在廊日(5/19, 20, 26, 27)

d0119300_23444125.jpg

↑マンションの部屋を利用したギャラリー空間はコンクリート打ちっぱなしで、洗面所やトイレも展示空間となっています。生活のなかでアートを楽しむ提案がされています。
d0119300_2344156.jpg

↑右の絵のタイトルは"Blue Heap with Painted Alphabet"。絵はガラスの裏側に書かれているので、文字を書くときは左右逆に書かなければならず、大変です。
↓プレゼントした「いいちこスペシャル」のボトルが傾けられることを教えると、Veronika夫妻はマジシャンとそれに驚く観客を即興で演じました。とてもひょうきんなご夫妻です。
d0119300_2345344.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-05-22 00:47 | 現代アート

■永井夏夕 -un/real- (Kayu Nagai Exhibition)

藤沢市にあるギャラリーヒラワタで始まった永井夏夕さんの個展のオープニングに行ってきました。「鳥製造島」という近未来を思わせるタイトルの絵が目を引きました。

永井さんは、以前ドイツ西部の世界遺産ともなっているエッセンの炭坑業遺産群などを取材し、絵のモチーフをふくらませたとのことでした。イスとテーブルを素材にした作品をつくり、絵と絡ませて見せる手法もおもしろい試みでした。

永井さんは今秋ベルリンに行き、しばらくドイツで研鑽を積むとのことで、今後の展開が楽しみです。

=data=
*永井夏夕 -un/real- (Kayu Nagai Exhibition)
2007/05/12-->06/10
ギャラリー ヒラワタ (Gallery Hirawata)
http://www.g-hirawata.com/
d0119300_2384543.jpg

↑右の大小2つの絵のタイトルは「鳥製造島」。左の絵のタイトルは「昨日見た夢」。
d0119300_23554474.jpg

↑「鳥製造島」のディテール。長崎の軍艦島を思わせる風景だ。
↓庭に設置されたイスとテーブルの作品の向こうに、大作「鳥製造島」の絵が見える。
d0119300_23552563.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-05-14 00:23 | 現代アート

■ハナマロ展 "unframed" hanamaro Exhibition

昨年、横浜・中華街の近くにできた新しいギャラリー「ギャラリー四門」で、バルセロナ在住の日本人アーティスト・ハナマロさんが、4/29まで個展をしています。

私は2004年、スペインの第1回セリビアビエンナーレを見に行くためにバルセロナに立ち寄った際、ハナマロさんと知り合いました。今回不思議な縁で、横浜のギャラリー四門で個展をすることが分かったときは、本当にびっくりしました。オープニングにかけつけて、ハナマロさんとの再会を喜び合いました。

彼女の作品は、ドロップペインティングの偶然の形からインスピレーションを得て、そこに物語を描き込むという手法をとっています。不思議な形の動物が表現されていておもしろいですよ。

京都の石田大成社ホールでも4/28までハナマロ展が開かれています。

=data=
*ハナマロ展 "unframed" hanamaro Exhibition
2007/04/6-->4/29
ギャラリー四門 Gallery Simon
http://www1.odn.ne.jp/gallerysimon/

*hanamaro web site
http://www.hanamaro.com/

*「ウチガワ」ハナマロ絵画展 hanamaro's solo exhibition
2007/04/17-->04/28
石田大成社ホール
d0119300_12171238.jpg

↑ギャラリー四門は、横浜のJR石川町駅から徒歩3分のところにあります。
d0119300_12172870.jpg

↑左下に顔がのぞいていて、巨大なハリネズミのように見えます。
↓展覧会場のハナマロさん。
d0119300_1217425.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-04-25 12:16 | 現代アート