タグ:ギャラリー ( 22 ) タグの人気記事

■ 欧州アート便り 2009年秋(その4) Brussels

ベルリンからスイスやベネチアに行ったのですが、今ベルギーのブリュッセルに滞在しています。ここの情報を先に紹介します。

というのも現在ブリュッセルで、作家の中谷ゆうこさんのグループの展覧会が開かれているのです。この展覧会を見るのが、私の今回の欧州アートシーンをめぐる旅の目的の一つでもありました。

場所はブリュセルの中心部にある在ベルギー日本大使館広報文化センター展示ホールです。初日には、作家3人とバイオリニストの平出七菜さんが出演した「五感を使ったアート体験」というオープニングパフォーマンスイベントがありました。会場に入りきれない人もいて、大変な評判でした。

とても見応えある展覧会です。会期は11月3日までですので、もしブリュッセルにお知り合いの方がいらっしゃいましたら、ぜひ紹介してあげてください。

▼在ベルギー日本大使館広報文化センターは、ブリュッセルの中心部のTRONE駅の目の前にあります。
d0119300_15523933.jpg
▼会場は通行人もたくさん通るビルの1階にあるので、外からでも注目されます。
d0119300_15525437.jpg
▼今回の展覧会は「ここ そこ あそこ」展というタイトルで、尾島裕さん、中谷ゆうこさん、津田梨早さんの3人の作家の作品で構成されています。
d0119300_15531044.jpg
▼3人の作品は、それぞれお互いの作品が響き合うように配置されていました。尾島裕さんの作品(手前)と中谷ゆうこさんの作品(後ろ)。
d0119300_4481773.jpg
▼こちらは、津田梨早さんの作品(手前)と中谷ゆうこさんの作品(後ろ)。
d0119300_15554354.jpg
▼大胆なアングルの中谷ゆうこさんの作品。
d0119300_1553278.jpg
▼中谷ゆうこさんの作品。色調がとてもいいです。
d0119300_15534440.jpg
▼ところどころに金箔が使われている尾島裕さんの作品。
d0119300_1554375.jpg
▼写真に自作の詩を添えた尾島裕さんの作品。パフォーマンスでは、本人が日本語とフランス語でこの詩を朗読しました。
d0119300_15541993.jpg
▼セラミックの津田梨早さんの作品。広がっていく波紋のように見えました。
d0119300_15544175.jpg
▼丸まった葉っぱのような津田梨早さんの作品。人の動線をイメージするように配置されていました。
d0119300_4534449.jpg
▼初日にはたくさんの人たちが見にきていました。国際交流の場になっていました。
d0119300_1556187.jpg
▼初日にパフォーマンスをした、手前から津田梨早さん、中谷ゆうこさん、尾島裕さん。衣装は前田サイコさんのプロデュース。
d0119300_1634674.jpg
photo by Akio Arakawa 2009

=data=
*Exhibition "koko soko asoko"「ここ そこ あそこ」展
在ベルギー日本大使館広報文化センター展示ホール
2009/10/20--11/03
http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html
尾島裕 (Hiro Ojima)
http://www.hiro-ojima.com/index/
中谷ゆうこ (Yuko Nakaya)
http://www.adamvickaryous.com/yukonakaya/nakaya_index.htm
・津田梨早 (Risa Tsuda)
[PR]
by artlover3 | 2009-10-23 16:19 | 現代アート

■ 横山飛鳥 無為果 "Aska Yokoyama Exhibition"

東京・世田谷の住宅街にあるギャラリー AU HASARD(オ・アザール)で、横山飛鳥さんの展覧会が開かれています。金・土・日の17時から21時までという夜の展覧会です。パントマイム・パフォーマンスがあるというので、初日に行ってきました。

横山さんの今回の作品は、「この世は常に変化していくはかないもの」その象徴として平家物語でも取り上げられている、朝咲いて夕方散ってしまう沙羅双樹の花のイメージをインスタレーションにしています。

会場は3つに分かれ、エントランス、茶室に見立てた部屋、庭をそれぞれ鑑賞するようになっています。光の美しい、夜ならではのインスタレーションを楽しみにおでかけください。
d0119300_2350272.jpg
↑ タイトルの「有為ノ善行ヲ積ンデ無為ノ果ヲ得ル」とは、「良かれと思ってとった行動が、結果として無になることも少なくない」という意味だそうです。
d0119300_23503526.jpg
↑ 茶室に向かう飛び石のように、エントランスはLEDのスポットライトで照らされていました。
d0119300_23505053.jpg
↑ 入口にある、花びらのドローイングを見つめるパントマイム・パフォーマンスのShivaさん。
d0119300_235181.jpg
↑ 結界の柱には、平家物語のテキストが墨で書かれています。
d0119300_23512854.jpg
↑ 天井から和紙で作られた花びらがたくさん釣り下がっています。床の間にはガラス製の落花が照明に照らされて置かれています。座布団に座って作品を鑑賞すると、心が落ち着いてきます。
d0119300_0121250.jpg
↑ 全身真っ白のShivaさんが、散り行く花びらを見つめるパフォーマンスをしました。
d0119300_23514079.jpg
↑ 庭の植物も緑が美しく、右手前には、水の入ったガラス製のつくばいが置かれていました。

=data=
*横山飛鳥 無為果 ── 有為ノ善行ヲ積ンデ無為ノ果ヲ得ル "Aska Yokoyama Exhibition"
http://mu-i-ka.blogspot.com/
2008/06/06--06/29(期間中の金・土・日の17:00--21:00)
会場:AU HASARD(オ・アザール)
企画:言水へリオ

photo by Akio Arakawa 2008

- - - - - - - - - -
[PR]
by artlover3 | 2008-06-13 01:41 | 現代アート

■ 川辺 美咲 展 "voyage : Misaki Kawabe Exhibition"

ニューヨークで制作活動している川辺美咲さんの個展が、東京銀座のギャラリーでありました。川辺さんは以前ニューヨークのギャラリーで偶然出会った作家で、年老いた女性をスタンピングという技法で描いています。

筆の代わりに瓶のキャップや、各種の容器に墨をつけて、スタンプして顔の線を形作っていくのです。川辺さんは年老いた女性たちをヴィーナスと呼び、尊敬の眼差しでスケッチしています。

ニューヨークに住んでいる彫刻家のルイーズ・ブルジョワ(1911年生まれ)が開くサロンに出かけ、彼女の顔をスケッチする了解をとりつけ、作品化した経歴をもっています。
d0119300_22422778.jpg
↑ 画廊 巷房(こうぼう)のガラス戸を開けると、川辺さんの絵の世界が広がっていました。
d0119300_21454939.jpg
↑ 川辺さんはこれらの作品を通して、年老いた人々に魅了される感覚を共感してもらえることを願っています。
d0119300_22433539.jpg
↑ 生き生きとした女性の表情が描かれています。
d0119300_21491478.jpg
↑ 年老いた人々のほかに、幼い子どもたちも描かれていました。
d0119300_21493396.jpg
↑ 上の左の作品のディテール。スタンピングされているのが、わかります。

=data=
*川辺 美咲 展 "voyage : Misaki Kawabe Exhibition"
2008/06/02--06/07
http://www.misakikawabe.com/
巷房 Gallery Kobo
http://www.spinn-aker.co.jp/kobo/k-guide.htm

photo by Akio Arakawa 2008

- - - - - - - - - -
[PR]
by artlover3 | 2008-06-12 22:57 | 現代アート

■ 國府 理 展 "Osamu Kokufu Exhibition" (Kyoto Art Map 2008)

京都の現代アートのギャラリーが開催した"Kyoto Art Map 2008"に行ってきました。サブタイトルは「京都美定書」。なかなかしゃれています。今回は13のギャラリーが参加していましたが、京都市内の地図に印された参加ギャラリーをオリエンテーリングのように回るのは楽しいものでした。

その中で注目したのが、アートスペース虹で行われていた「國府理展」です。ギャラリースペースがスギゴケの箱庭になっていました。スギゴケが、ひっくり返された廃車の全面に植え込まれているのです。ときどき天井から霧が吹きかけられ、スギゴケをみずみずしく見せていました。

このような作品を見ると、いかに心地よく美しく見えるものであっても、それは廃棄物の山の表面を飾っているだけかもしれないという、現代社会の暗部を感じさせるものでした。
d0119300_1182185.jpg
↑ アートスペース虹は、京都の地下鉄「蹴上駅」の近くにあります。
d0119300_118472.jpg
↑ ひっくり返った乗用車がギャラリーに置かれていました。
d0119300_119087.jpg
↑ 車体は、京都のお寺の庭園で見られるような、立派なスギゴケで覆われていました。
d0119300_1191422.jpg
↑ ホイールベースの奥まで、びっしりとスギゴケが植えられています。
d0119300_1192769.jpg
↑ ときどき天井から霧が吹きかけられ、水滴が床に落ちていました。

=data=
*國府 理 展 "Osamu Kokufu Exhibition" (Kyoto Art Map 2008)
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/kokufu/
2008/05/13--05/25
アートスペース虹 (Art Space Niji)
http://www.art-space-niji.com/
Kyoto Art Map 2008
http://www.kyotoartmap.org/

photo by Akio Arakawa 2008

- - - - - - - - - -
[PR]
by artlover3 | 2008-06-03 11:46 | 現代アート

■ 出月秀明 展 "Idetsuki Hideaki Exhibition"

出月秀明さんのプロペラを使った作品を久しぶりに見てきました。
場所は神奈川県藤沢市の湘南台にあるギャラリーHirawata。

天井が高いゆったりとしたスペースに、直径4m以上もある大きなプロペラが3つ。
20数秒に1回転の割合で、プロペラが壁や天井すれすれにゆっくり回っていました。
ぼんやり眺めていると、別世界に引き込まれていくような心地いい感じがしました。
d0119300_19252242.jpg
↑ Gallery Hirawataの外観。
d0119300_19254421.jpg
↑ 6/29までやっています。月・火曜日がお休みです。
d0119300_19255687.jpg
↑ プロペラ同士や壁や天井に触れないように緻密な設計が施された作品です。右側にはプロペラのスペアのようなものが置かれていました。
d0119300_1926863.jpg
↑ このギャラリーは、作品を上から見下ろすことができます。プロペラの大きさを人間と比べてみてください。
d0119300_19262124.jpg
↑ 広い開口部を通じて庭が見られます。
d0119300_1926322.jpg
↑ 作家の出月さんが作品を解説してくださいました。

=data=
*出月秀明 展 "Idetsuki Hideaki Exhibition"
2008/05/17--06/29
Gallery Hirawata
http://www.g-hirawata.com/

photo by Akio Arakawa 2008

- - - - - - - - - -
[PR]
by artlover3 | 2008-05-19 19:52 | 現代アート

■ 井上 直 展 "Nao Inoue Exhibition"

久しぶりにブログの更新をします。

5/24まで東京・京橋のart space kimura ASK?で「井上 直 展」が開催されています。
荒涼とした大地に、日本では見られないV字型や I 字型の鉄塔が延々と連なり、ところどころに白衣をまとった透明人間が舟をこぎながらさまよっているドローイングです。地球という惑星の未来を暗示しているようで、深い感銘を受けました。

井上さんの「使者を待つ森」という作品は、群馬県桐生市にある大川美術館に常設展示されているそうで、今度見に行こうと思います。
d0119300_0323580.jpg
↑ ドアをあけてギャラリーに入ると、荒涼とした風景が広がっていました。
d0119300_0331852.jpg
↑ 「V字鉄塔のある惑星」(右)
d0119300_0341263.jpg
↑ 「V字鉄塔のある惑星」(部分)
d0119300_0334419.jpg
↑ 「 I 字鉄塔のある惑星」(右)
d0119300_0335981.jpg
↑ 「 I 字鉄塔のある惑星」(部分)

=data=
*井上 直 展 "Nao Inoue Exhibition"
http://www.h5.dion.ne.jp/~nao555/
2008/05/12--05/24
art space kimura ASK?
http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/

photo by Akio Arakawa 2008

- - - - - - - - - -
[PR]
by artlover3 | 2008-05-17 00:47 | 現代アート

■ノブギャラリーと作家たち —鴨下延弘追悼展— (NOB GALLERY)

愛知県岡崎市にあるノブギャラリーのオーナーの鴨下延弘さんが、ご病気で今年4月16日に亡くなりました。本当に残念です。私は現代アートのすばらしさを、このノブギャラリーを通じてたくさん知りました。

横浜から岡崎に通ってもお釣りがくるくらいすばらしい展覧会をいつも見せてくださったのが、鴨下さんでした。今年の2月、国島征二さんの個展のオープニングパーティでお目にかかったのが最後でした。

そして、6/9に岡崎で行われた「鴨下延弘氏を偲ぶ会」に出かけました。たくさんの方々が、全国から、外国からもかけつけて、鴨下さんの思い出を語り合いました。そして、鴨下さんの遺志を継いで、これからも岡崎の地から現代アートを発信していきましょうと、国島征二さんが呼びかけました。

2002年までJR岡崎駅近くにあったノブギャラリーは、とてもすてきな建物でした。それが道路拡張のため取り壊され、しばらく休廊していました。そして、2006年に東岡崎の近くにギャラリーを再開したばかりだったのです。

今回の追悼展は、ノブギャラリーゆかりの作家たちがそれぞれ力のこもった小品を出品しています。在りし日の鴨下さんのビデオも流されていて、とても感慨深い展覧会でした。鴨下さんのご冥福をお祈りいたします。

なお、ノブギャラリーの今までの活動については、ノブギャラリーのホームページに紹介されています。ぜひご覧になってください。

=data=
*ノブギャラリーと作家たち −鴨下延弘 追悼展− (NOB GALLERY)
2007/06/05-->06/17
ギャラリー葵丘(ききゅう)
http://www.obara-group.com/kikyu/top1.html

<出品作家> 伊丹靖夫・井田照一・大平実・国島征二・近藤文雄・柴田英年・渋谷和良・杉浦イッコウ・土屋公雄・中川佳宣・西村正幸・浜本隆司・平田五郎・福田篤夫・松岡徹・クリステル ディルボーナ・ターウォン コー ウドゥンウィット・ノーワン シュワーブ・ロージャー アックリング(50音順)

*鴨下延弘氏を偲ぶ会
2007/06/09 17:00-->20:00
ギャラリー葵丘(ききゅう)にて

*ノブギャラリー (NOB GALLERY)
http://www2.gol.com/users/nobg/

d0119300_15483296.jpg

↑ 鴨下さんのおかげで、ノブギャラリーゆかりの作家の方がたにたくさんお会いすることができました。
d0119300_1615085.jpg

↑ 広い会場には、鴨下さんのお気に入りの作家の方がたの作品が展示されていました。

↓ 在りし日の鴨下さんの微笑みが忘れられません。会場に流されていたビデオより。
d0119300_15485775.jpg

↓ JR岡崎駅近くにあったノブギャラリー。 2002/05/25撮影。
ギャラリーの右側に私の車がとまっています。
d0119300_16595011.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-06-11 17:42 | 現代アート

■笠井千鶴展 ちきゅうのあるきかた (Chizuru Kasai Exhibition)

愛知県日進市にあるGallery M で笠井千鶴展が開かれています。笠井さんの作品は、1997年以降、銀座にあったG-ART Galleryの個展などでたびたび見てきました。

機械仕掛けの作品は、時空を超えた世界をとてもユーモラスに表現していて、とても気に入っています。

今回の個展は、笠井さんの急病で開催が少し遅れたのですが、無事に始まったとの知らせでかけつけて見てきました。笠井さん早くよくなってくださいね。

=data=
*笠井千鶴展 ちきゅうのあるきかた (Chizuru Kasai Exhibition)
2007/06/07-->07/01
Gallery M Contemporary Art(ギャラリーエム)
http://gallery-m.cool.ne.jp/

笠井千鶴さんのホームページ
http://www.h6.dion.ne.jp/~moon69ck/
d0119300_14591778.jpg

↑ 5台の機械仕掛けの人形が思い思いのペースで歩いています。その像をスクリーンに写して見せています。外が暗くなってからの方がよく見えると思います。
d0119300_14594712.jpg

↑ 顕微鏡で使うプレパラートのなかにいろいろなポーズの人体が閉じ込められています。それが数千個あると聞きました。それがギャラリーエムの広い壁に並べられていました。どこかの星の生命体が地球人の標本をコレクションしているようにも見えました。

↓ 人体のプレパラート。おもしろい発想だけれど、ちょっと恐いですね。
d0119300_18144628.jpg


↓ くり抜かれた本の中から傘にぶら下がった人物が、機械仕掛けで揺れ動いている作品です。とても愉快な作品でした。
d0119300_150538.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-06-11 15:26 | 現代アート

■松下誠子展 "Sisters three" (Seiko Matsushita Exhibition)

中央線の東小金井駅から歩いて約15分、久しぶりに武蔵野の静かな環境にある双ギャラリーにでかけました。1999年、東京の久が原にあったガレリアキマイラでの個展で知り合った、松下誠子さんの個展が開かれたからです。

今回の個展のタイトルは "Sisters three"、ギリシア神話の「運命の三女神」からとったという。ゲルマン民族では "Sisters three" は、運命の糸を紡ぐとともに、過去、現在、未来を司る女神という伝えがあるそうです。

展覧会は、3人または、2人の女性が絡んだ大型の写真6点と、それらの写真をもとにしたドローイング数点で構成されています。それぞれ女性たちが楽しげに心の交流をはかっているような描写がされています。

実際にこれらの作品と対面して、何かを感じ取ってみてほしい展覧会です。

=data=
*松下誠子展 "Sisters three" (Seiko Matsushita Exhibition)
2007/05/26-->06/24
双ギャラリー (Soh Gallery)
http://www.soh-gallery.com/
d0119300_21594380.jpg

↑ 3人の女性がお互いを慈しむようなポーズをとっている作品。

↓ 印画紙に体の部分をプリントしたものに、ドローイングをほどこした作品。写真とはまた違った持ち味があります。
d0119300_164113.jpg

↓ 赤い糸で結ばれているポーズをとる2人の女性。双ギャラリー発行の松下誠子展の図録より。
d0119300_2285836.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-05-28 22:20 | 現代アート

■トザキケイコ 「消えかかりそうなもののすべてに祝福を」 (Keiko Tozaki Exhibition)

名古屋に行くと必ず寄るギャラリーがいくつかあります。その一つがハートフィールドギャラリー です。そこで今回、若い作家のトザキケイコさんの展覧会が開かれていました。

トザキさんは、コケや貝殻や流木などを使って、箱のなかにさまざまな小さな世界を作っていました。箱のすき間から眺める作品もあり、コケの美しさを再認識させられました。

今回の作品はコケを使っているので、毎日、霧吹きで世話をするのが大変だと思います。コケの間から、予期しない植物の芽生えも見られ、それをうまく取り込んで作品化していました。

=data=
*トザキケイコ "box art + drawing exhibiton" 「消えかかりそうなもののすべてに祝福を」 (Keiko Tozaki Exhibition)
2007/05/15-->05/27
ハートフィールドギャラリー (Heartfield Gallery)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/heartfield/

d0119300_3223470.jpg

↑ ハートフィールドギャラリーは、いつもおしゃれな展覧会を見せてくれます。
d0119300_3224983.jpg

↑ 箱にいろいろな形のすき間を作り、見るときの視線を導く工夫がされていました。

↓ ドローイングの作品を前にしたトザキケイコさん。これからの作品が楽しみです。
d0119300_323427.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-05-22 04:14 | 現代アート