■ 横山飛鳥 無為果 "Aska Yokoyama Exhibition"

東京・世田谷の住宅街にあるギャラリー AU HASARD(オ・アザール)で、横山飛鳥さんの展覧会が開かれています。金・土・日の17時から21時までという夜の展覧会です。パントマイム・パフォーマンスがあるというので、初日に行ってきました。

横山さんの今回の作品は、「この世は常に変化していくはかないもの」その象徴として平家物語でも取り上げられている、朝咲いて夕方散ってしまう沙羅双樹の花のイメージをインスタレーションにしています。

会場は3つに分かれ、エントランス、茶室に見立てた部屋、庭をそれぞれ鑑賞するようになっています。光の美しい、夜ならではのインスタレーションを楽しみにおでかけください。
d0119300_2350272.jpg
↑ タイトルの「有為ノ善行ヲ積ンデ無為ノ果ヲ得ル」とは、「良かれと思ってとった行動が、結果として無になることも少なくない」という意味だそうです。
d0119300_23503526.jpg
↑ 茶室に向かう飛び石のように、エントランスはLEDのスポットライトで照らされていました。
d0119300_23505053.jpg
↑ 入口にある、花びらのドローイングを見つめるパントマイム・パフォーマンスのShivaさん。
d0119300_235181.jpg
↑ 結界の柱には、平家物語のテキストが墨で書かれています。
d0119300_23512854.jpg
↑ 天井から和紙で作られた花びらがたくさん釣り下がっています。床の間にはガラス製の落花が照明に照らされて置かれています。座布団に座って作品を鑑賞すると、心が落ち着いてきます。
d0119300_0121250.jpg
↑ 全身真っ白のShivaさんが、散り行く花びらを見つめるパフォーマンスをしました。
d0119300_23514079.jpg
↑ 庭の植物も緑が美しく、右手前には、水の入ったガラス製のつくばいが置かれていました。

=data=
*横山飛鳥 無為果 ── 有為ノ善行ヲ積ンデ無為ノ果ヲ得ル "Aska Yokoyama Exhibition"
http://mu-i-ka.blogspot.com/
2008/06/06--06/29(期間中の金・土・日の17:00--21:00)
会場:AU HASARD(オ・アザール)
企画:言水へリオ

photo by Akio Arakawa 2008

- - - - - - - - - -
[PR]
by artlover3 | 2008-06-13 01:41 | 現代アート


<< ■ Red Line Conn... ■ 川辺 美咲 展 "... >>