■第52回ヴェネチア・ビエンナーレ(The Venice Biennale in 2007)その2

今このブログの更新は、Berlinのカフェでしています。いわゆるインターネットカフェではなく、普通のカフェに無線LANが設置されているのです。お客はコーヒー一杯で何時間でもインターネットが自由にできるのです。とても便利です。

今日は曇りで美術館やGalleryが休みなので、ブログの更新をする日にしました。午後1時から始め、今は午後5時、もう4時間もねばっています。あと1時間はかかるでしょうから、5時間いることになります。まわりはパソコンを持ち込んでいる人ばかり。とてもはやっている店です。

ヴェネチア・ビエンナーレの続きを写真で紹介します。本当はいろいろ調べてリンクを張りたいのですが、旅先ゆえそれをする時間が取れません。

=data=
*第52回ヴェネチア・ビエンナーレ美術展(The Venice Biennale in 2007)
2007/06/10〜11/21
http://www.labiennale.org/

d0119300_2352846.jpg

↑ 地元イタリア館は、Giuseppe Penoneを起用していました。日本でも木を素材にした作品を見ていますが、今回は広い展示室に入ると、大きな丸太が2本置かれていました。
d0119300_23525061.jpg

↑ その丸太を近寄って見ると、動物の皮で丸太を包んでいるのがわかりました。無数のくぎで皮を丸太に張りつけています。
d0119300_23531682.jpg

↑ 奥のもっと広い展示室に入ると、もっとびっくり。丸太を包んでいた皮が壁一面に張りつけてあったからです。木の表面の凹凸を動物の皮で写し取っていたのです。何か日本館の岡部昌生の作品に通じるものがあるように感じました。
d0119300_23534419.jpg

↑ 今回、関連企画の展覧会がベネチアの迷路のようなさまざまな場所で行われてました。このポスターは、日本の森村泰昌展のポスターです。私も見に行きましたが、森村が近現代の歴史上の人物に扮した写真とビデオの作品でした。場所は観光客であふれかえっているサンマルコ広場の中にあるギャラリーでした。
d0119300_23542229.jpg

↑ Lee Ufan展も関連企画で行われていました。会場は狭い運河沿いにある古い建物の中でした。
d0119300_2355570.jpg

↑ ときおり、ゴンドラが運河を通ります。
d0119300_23554286.jpg

↑ 入口を入ると、中庭に石と分厚い鉄板を使ったインスタレーション作品がありました。建物が古いので、美術館やギャラリーで見るのとは違った趣があります。
d0119300_23562183.jpg

↑ 部屋の中の作品の一つ。グレーのドローイングーと石が置かれていました。Lee Ufan展は、日本と韓国のファンデーションが援助して行われていました。
d0119300_23565949.jpg

↑ これも関連企画のヤン・ファーブル展。入口を入ったところに6つの黄金色のバスタブが置かれていました。その一つに男が洋服のまま水につかっていました。何かを予感させるプロローグです。
d0119300_23572550.jpg

↑ 2階に上がると、10くらいある部屋にそれぞれ異なるインスタレーションがありました。これは、最近東京のシューゴアーツでも見た脳のシリーズの作品です。
d0119300_23584120.jpg

↑ この作品が一番怖い作品でした。玉虫の羽を使って作られたアヒルの奥に、黄金に光る金属でできた男が首をつっているのです。

↓ このアヒルは、男のなり代わりなのでしょうか。このヤン・ファーブル展はとても大がかりないろいろ考えさせるものを含んだ展覧会でした。
d0119300_1241769.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-07-10 01:14 | 現代アート


<< ■「沈黙から」塩田千春展 &... ■第52回ヴェネチア・ビエンナ... >>