■笠井千鶴展 ちきゅうのあるきかた (Chizuru Kasai Exhibition)

愛知県日進市にあるGallery M で笠井千鶴展が開かれています。笠井さんの作品は、1997年以降、銀座にあったG-ART Galleryの個展などでたびたび見てきました。

機械仕掛けの作品は、時空を超えた世界をとてもユーモラスに表現していて、とても気に入っています。

今回の個展は、笠井さんの急病で開催が少し遅れたのですが、無事に始まったとの知らせでかけつけて見てきました。笠井さん早くよくなってくださいね。

=data=
*笠井千鶴展 ちきゅうのあるきかた (Chizuru Kasai Exhibition)
2007/06/07-->07/01
Gallery M Contemporary Art(ギャラリーエム)
http://gallery-m.cool.ne.jp/

笠井千鶴さんのホームページ
http://www.h6.dion.ne.jp/~moon69ck/
d0119300_14591778.jpg

↑ 5台の機械仕掛けの人形が思い思いのペースで歩いています。その像をスクリーンに写して見せています。外が暗くなってからの方がよく見えると思います。
d0119300_14594712.jpg

↑ 顕微鏡で使うプレパラートのなかにいろいろなポーズの人体が閉じ込められています。それが数千個あると聞きました。それがギャラリーエムの広い壁に並べられていました。どこかの星の生命体が地球人の標本をコレクションしているようにも見えました。

↓ 人体のプレパラート。おもしろい発想だけれど、ちょっと恐いですね。
d0119300_18144628.jpg


↓ くり抜かれた本の中から傘にぶら下がった人物が、機械仕掛けで揺れ動いている作品です。とても愉快な作品でした。
d0119300_150538.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-06-11 15:26 | 現代アート


<< ■ノブギャラリーと作家たち —... ■遠藤年勇展 《P》そして《f... >>