■松下誠子展 "Sisters three" (Seiko Matsushita Exhibition)

中央線の東小金井駅から歩いて約15分、久しぶりに武蔵野の静かな環境にある双ギャラリーにでかけました。1999年、東京の久が原にあったガレリアキマイラでの個展で知り合った、松下誠子さんの個展が開かれたからです。

今回の個展のタイトルは "Sisters three"、ギリシア神話の「運命の三女神」からとったという。ゲルマン民族では "Sisters three" は、運命の糸を紡ぐとともに、過去、現在、未来を司る女神という伝えがあるそうです。

展覧会は、3人または、2人の女性が絡んだ大型の写真6点と、それらの写真をもとにしたドローイング数点で構成されています。それぞれ女性たちが楽しげに心の交流をはかっているような描写がされています。

実際にこれらの作品と対面して、何かを感じ取ってみてほしい展覧会です。

=data=
*松下誠子展 "Sisters three" (Seiko Matsushita Exhibition)
2007/05/26-->06/24
双ギャラリー (Soh Gallery)
http://www.soh-gallery.com/
d0119300_21594380.jpg

↑ 3人の女性がお互いを慈しむようなポーズをとっている作品。

↓ 印画紙に体の部分をプリントしたものに、ドローイングをほどこした作品。写真とはまた違った持ち味があります。
d0119300_164113.jpg

↓ 赤い糸で結ばれているポーズをとる2人の女性。双ギャラリー発行の松下誠子展の図録より。
d0119300_2285836.jpg

[PR]
by artlover3 | 2007-05-28 22:20 | 現代アート


<< ■遠藤年勇展 《P》そして《f... ■トザキケイコ 「消えかかり... >>