■ "No Man's Land" 創造と破壊@フランス大使館 (その2)

"No Man's Land" 創造と破壊@フランス大使館(その1)からご覧ください。

この展覧会は好評なため、開催期間が2/18まで延長されるとのことです。詳しくはフランス大使館のホームページで確認してください。

Georges Rousse(FR)/階段を見下ろす、ある一地点から見ると、このような赤いフレームで切り取られた光景が出現します。
d0119300_1712761.jpg
Georges Rousse(FR)/階段の途中を見ると、これがフレームになるように見えません。緻密に計算されたドローイングだとわかります。
d0119300_17121892.jpg
Claude Lévêque(FR)/越後妻有で出会った男の子が書いた漢字を、ネオンを使って再現した作品です。
d0119300_17122753.jpg
吉野祥太郎 Shotaro Yoshino(JP)/大使館の屋上庭園の地面をはぎ取って見せている作品です。地面に穴を掘り、コンクリートを流し込み、地面が固まったところで、チェーン-ブロックを使って持ち上げています。
d0119300_17123618.jpg
吉野祥太郎 Shotaro Yoshino(JP)/これは小さい面積の地面です。はぎ取られた地面と、はぎ取った地面を同時に見せています。
d0119300_17124477.jpg
▼Lilian Bourgeat(FR)/鑑賞者がバスケットボールを印刷した紙をまるめて、バスケットボードに放り込む参加型の作品です。
d0119300_17125280.jpg
Jules Julien(FR)/壁に直接ドローイングされた作品。頭部から半透明の頭部が飛び出した不思議な世界です。右のハンガーの影は、描かれたものです。
d0119300_1713040.jpg
▼Audrey Fondecave(FR)/ハンス・ホルバイン・ル・ジューヌの「大使たち」という作品の現代バージョンだそうです。大使の旧執務室での展示です。大使の部屋なんて、めったに入れないので、じっくり見てきました。
d0119300_1713119.jpg
Lucille Reyboz & 藤原仁美 Hitomi Fujiwara(FR/JP)/中庭の桜の木を赤いひもで縛った作品です。
d0119300_17132367.jpg
Richard Bliah(FR)/図書室だったところを群青色に塗りつぶし、鑑賞者が白色の絵の具の球を投げつける参加型の作品です。
d0119300_17133221.jpg
Jef Aerosol(FR)/大使館旧庁舎の外壁に描かれた孤独な人物。この作家は、80年代初めにストリート・アートのパイオニアとして活躍したという。
d0119300_17134181.jpg
photo by Akio Arakawa 2009, 2010

=data=
*"No Man's Land" 創造と破壊@フランス大使館
2009/11/26-- 2010/02/18(好評なため、会期が延長されました。月・火・水は休館です)
在日フランス大使館旧庁舎
http://www.ambafrance-jp.org/nomansland/

"No Man's Land"展は、フランス大使館の旧庁舎の別館でも、3つの展覧会が時期をずらせて開催されています。
*VANTAN 2009/11/26--12/06
*GEIDAI 2009/12/11--12/27
*DANDANS 2010/01/21--01/31
[PR]
by artlover3 | 2010-01-27 20:29 | 現代アート


■ "No Man&... >>