■ にいがた「水と土の芸術祭」2009(その2)

(にいがた「水と土の芸術祭」2009(その1)からご覧ください)

新潟市域で開催されている「水と土の芸術祭」2009を見てきました。今回は、おもに野外に設置されている作品を中心に、2回に分けて紹介します。私の特におすすめの作品には、★印をつけましたので、参考にしてください。

説明は、作品番号 作家名/作品名(作品内容)の順です。

<「田園と農」のゾーン>
美田の景観と農村の生活・歴史民俗と土地改良の歴史を見て歩くゾーンです。

▼35 ★マーリア・ヴィルッカラ(フィンランド)/INTERVALS(旧排水機場の遺構の地面に車のフロントガラスを敷きつめ、かってあった浄水場の水面を表現しています)
d0119300_14592570.jpg

▼35 ★マーリア・ヴィルッカラ(フィンランド)/INTERVALS(さまざまな形のフロントガラスに反射した光が、きらきらと輝いていました)
d0119300_14593890.jpg

▼36 ★磯辺行久/栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。(旧排水機場の遺構の一部を発掘しています。これはかっての水門。ここにもヴィルッカラの作品のフロントガラスが敷きつめられています)
d0119300_14594892.jpg

▼36 ★磯辺行久/栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。(かっての水面の位置を調べ、それを表示しています)
d0119300_150180.jpg

▼39 ★遠藤利克/Trieb-流出(旧浄水場の水を逆流させ、水槽から大量の水が溢れ出る作品のようです)
d0119300_1501249.jpg

▼39 ★遠藤利克/Trieb-流出(鑑賞日と鑑賞時間が決まっているので、必ず「みずっちたんく」のブログで確認してから行くこと。私はそんなことを知らなかったので、残念ながら水が溢れ出すところを見られませんでした)
d0119300_1502329.jpg

▼40 日比野克彦/明後日朝顔 NIIGATA 2009(給水タンクのまわりを、古着で編んだロープを伝って朝顔が覆っています)
d0119300_150356.jpg

▼47 小原典子/ミズタマリ-NIIGATA(ブラックライトで浮かび上がる微生物のオブジェ)
d0119300_150465.jpg

▼56 磯辺行久/ここに鎧潟ありき。(干拓されてしまった潟の痕跡をポールで示しています。近くの鎧潟クリーンセンターから眺めると全貌が見られます)
d0119300_1505763.jpg

<「川と里山」のゾーン>
信濃川と阿賀野川を中心とする川とそれに隣接する里山の景観を楽しむゾーンです。

▼60 ★南川祐輝/おひるねハウス(浜辺に設置された1辺が3mの立方体に、9ますの空間が作られています)
d0119300_151743.jpg

▼60 ★南川祐輝/おひるねハウス(ここに入って、海を眺めていると、潮騒と海の香を楽しむことができます)
d0119300_151208.jpg

▼73 栗林隆/Zwischen-Raum ツビッシェン-ラウム(新潟の「タカラアツマレ」で集まったものを見る装置です。フレームの中に頭を突っ込んで見ます)
d0119300_1513296.jpg

photo by Akio Arakawa 2009

=data=
にいがた「水と土の芸術祭」2009
Niigata Water and Land Art Festibal 2009

2009/07/18--12/27
http://www.mizu-tsuchi.jp/
[PR]
by artlover3 | 2009-08-28 15:39 | 現代アート


<< ■ 欧州アート便り 2009年... ■ にいがた「水と土の芸術祭」... >>